FXで稼ぐための極意

FXで豪ドル円でスワップ生活を目指す

FXで豪ドル円でスワップ生活を目指す

不況を迎えてから、日本の経済状態は低迷を続けています。銀行の定期預金の金利もすずめの涙程度で、あまり期待が持てません。将来に備えるためにも、投資を始めている方も多くいらっしゃいます。

 

私もその中の一人で、投資の一環として人気急上昇中のFXを始めました。勉強がてら口座を開設して1000通貨単位からトレードを始めたのですが、初心者には難しいと言われているデイトレードから入ってしまいました。

 

損をしたり利益を上げる事ができたりを繰り返し、自己資金が目減りし始めたのです。自分の知識不足を感じて、本やインターネットでFXの勉強をじっくりと始めてから、デイトレードという取引方法が自分には合っていないと気づきました。

 

そこで、長期のスイングトレードに切り替えたのです。スワップ金利をメインに据えた長期トレード方法です。スワップ金利の高い豪ドル円を週足や日足チャートを見て下がっている時に買い、長期でポジションを持っています。

 

レバレッジは1、2倍程度に抑えて、ロスカットにならないようにしています。チャートを見て上がりきったと思ったらポジションを解消して、為替差益とスワップ金利の両方が利益になっています。

 

毎日、スワップ金利で口座の額が少しずつ増えていくのが貯金箱に小銭を貯めているような感覚で、楽しみながら取引しています。

 

 

豪ドル円の週足ですが歴史的にも低水準であるため、これ以上下がってくる可能性は低い。

 

豪ドル円1万通貨を運用した際のスワップポイント(証拠金およそ3,100円)
1日 50円
1か月 1,500円
1年 18,250円

会社員の副業として最適なのがFXです

人は会社などに勤務して働くことによって収入を得ています。しかし会社で働いた対価としてもらうことのできる給料の額は人によって違いますが、それほど高額ではありません。しかし人は誰でもより多くのお金を手にしたいと思っています。

 

なせなら多くのお金を手にすることができれば、それだけいろいろなことにお金を使うことができるので自分の満足する生活をすることができるからです。

 

そして人がより多くのお金を手にするためには勤務先の会社からもらえる給料を上げてもらうのが一番なのですが、現在は景気が好調というわけではないので思うように給料が上がらないのが現状です。

 

そのため会社で働いているうちはなかなか自分の収入を上げることは難しいと言えます。

 

そして会社員の人が収入を上げるためには副業をするのが一番であると言え、現在ではインターネットを利用して副業をすることも可能なので、平日の昼間に仕事をしている会社員でも副業をするのは十分可能です。

 

そして会社員の副業として最適なのがFXです。FXとは外国為替証拠金取引のことで、いろいろな国の通貨を売買することによって為替差益を獲得して利益を出す投資です。FXの取引はインターネット上ですることができるのでとても気軽にすることができます。

 

FXの業者選びは慎重にすることが大切になる

FXの取引では、1秒が大きな利益の命運を握っていると言っても過言ではありません。FXにはロスカットのシステムがありますので、ロスカットのラインギリギリの場所で変動があるかどうかを見極めている時には、一瞬の判断によって強制的に取引から退場させられることも珍しくありません。

 

1秒の操作が大きな命運を握る取引では、もちろん業者選びも大変大切になってきます。では、業者のどのポイントを見れば良いのかと言いますとサーバーの軽さなのです。

 

業者を選ぶときには、スプレッドなどを参考にして選ぶ方が非常に多いのですが最も大切なのは、取引をするときにどれだけ軽い状態でサイトに繋げるかにかかっています。FXとは言っても、その取引を行うときに主戦場となるのはあくまでもインターネットであるということを忘れてはいけません。

 

しかも、取引を行う際には同じサイトに数万、数十万人という人数が押し寄せてくることになりますので、サイトが重くなって取引に遅延が出るようなことも実際に過去起きています。

 

もっと酷くなるとサイト自体が動かなくなってしまったなどということもありますので、業者選びには慎重になってもなりすぎることはありません。ですので、取引を始める前にはまずしっかりとしたサーバーを持っている業者を選ぶ事をおすすめします。

 

FX口座選びにぴったりの比較サイトはこれ!
FX初心者のためのFX口座開設比較

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ